石岡 瑛子。 「すごい日本人」デザイナー・石岡瑛子の大規模回顧展 その哲学とは?

石岡瑛子の映画衣装特集『ドラキュラ』『白雪姫と鏡の女王』上映

瑛子 石岡

🎇 没後70年 吉田博展 世界を魅了した画家・吉田博。 石岡瑛子 ポスター『西洋は東洋を着こなせるか』(パルコ、1979年) アートディレクション シルク・ドゥ・ソレイユ『VAREKAI』の衣装。

7

「すごい日本人」デザイナー・石岡瑛子の大規模回顧展 その哲学とは?

瑛子 石岡

♥ 創る側-さんサイドからの考察 では続いて創る側の石岡さんサイドからの考察です。 (・)• さらに、石岡は当時世の中にある「女性」のイメージをことごとく覆し、1980年代の「女の時代」到来の布石を打った。 グラフィック・デザイン、アート・ディレクション、コスチューム・デザイン、さらにはプロダクション・デザインと、表現領域も拡大していった。

石岡瑛子「風姿花伝」/あの美しいヌード写真はジュリーのプレゼンから始まった

瑛子 石岡

😒 危険極まりなく見えても、絶対安全を確保できる魔法のコスチュームをデザインした。 巨大なエンターテインメント産業の中で、個人のアイデンティティを保ち、オリジナリティをいかに発揮するか、という難問に向き合い、成果を生み出していく。 その謎を解いてくれたのが、これ。

13

石岡瑛子、遺作映画「白雪姫と鏡の女王」でアカデミー賞衣装デザイン賞ノミネート

瑛子 石岡

☕ 【連載】高橋龍太郎(現代アートコレクター) 草間彌生、村上隆、奈良美智らの、後に代表作となった貴重な初期作品などをコレクションし、現代アート界の目利きとして名高い高橋龍太郎による連載企画「高橋龍太郎のニッポン現代アートの価値」。 『石岡瑛子の映画衣装特集「ドラキュラ」「白雪姫と鏡の女王」』が、11月27日から東京・渋谷のBunkamuraル・シネマで開催される。

6

石岡瑛子、遺作映画「白雪姫と鏡の女王」でアカデミー賞衣装デザイン賞ノミネート

瑛子 石岡

📲 このジュリーの寄稿文からは、撮影地に着いてから初めて 全裸を提案されたけど 、 まったく抵抗なく 素直に全裸になった と読めますが、 これは今まで見聞きしてきた情報と少し違うぞ。 何と言っても本展の白眉はオペラ 『ニーベルングの指環』でしょう。 そんな彼の中に、石岡は自分と同じ 「本当に冒険に乗り出す勇気」を見出したのです。

11

石岡瑛子の映画衣装特集『ドラキュラ』『白雪姫と鏡の女王』上映

瑛子 石岡

✔ 本展では、「Timeless:時代をデザインする」「Fearless:出会いをデザインする」「Borderless:未知をデザインする」の3部で会場を構成。 ・ 『』()• それから、コッポラ「」の衣装、そして監督の「」(01)、「」(06)、「」(11)、「」(12)までコラボレーションが続いた。 『』(名誉賞・)• 演劇『M. こちらはポスターやブックデザインがメインの展示だが、石岡へのオマージュとなる特別映像も鋭意制作中だ。

河尻亨一 特別インタビュー 石岡瑛子、その存在の熱量を伝えたい|注目の一冊

瑛子 石岡

🤚 年齢で力を判断してはいけないとわかっていても、「高校生の頃にすでにこれだけのものを……」と思ってしまう 展覧会の最後を締めくくるのは、彼女がターセム監督とタッグを組んだ最後の作品 「白雪姫と鏡の女王」と、彼女の 最初の作品である『えこの一代記』。 また、石岡の遺作ドレスは、昨年、映画の公開に合わせてスワロフスキー銀座2F展示スペースをはじめ、都内3カ所で展示された。

12

「石岡瑛子 血が、汗が、涙がデザインできるか」展 11月14日、東京都現代美術館で開幕

瑛子 石岡

🍀 スターを使ったクリエイティブって、割と単純な気がします。

9

女性であることを強みにかえて。戦う女・石岡瑛子の広告アートディレクション術

瑛子 石岡

💕 1974 年大阪市生まれ。 また、「白雪姫と鏡の女王」のターセム監督の全映画作品の衣装デザインも担当している。 それでは石岡さんとジュリーの文章をヒントに 「ジュリーのヌード」を深読みしていきましょう。

17