シャンプー ボーイ。 ­-第10話-­【1942年 ロンドン】 シャンプーボーイ

SHAMPOO BOY(シャンプーボーイ)|熊本県・熊本市の美容室・サロン情報・予約|ビューティーナビ

ボーイ シャンプー

💔 確かにそうだった。 そうです」 「右手のほうが強いな。 教えてくれたのは、先輩のダグである。

­-第10話-­【1942年 ロンドン】 シャンプーボーイ

ボーイ シャンプー

💋 それがモチベーションだった。 その女性は、空軍の兵士だった。 ヴィダルは思った。

20

­-第10話-­【1942年 ロンドン】 シャンプーボーイ

ボーイ シャンプー

✌ 左右の力が同じになるまで。

16

­-第10話-­【1942年 ロンドン】 シャンプーボーイ

ボーイ シャンプー

♻ あの日の、あのお客さんと出会うまでは。 手が動かない。

4

­-第10話-­【1942年 ロンドン】 シャンプーボーイ

ボーイ シャンプー

😀 それはミスター・コーエンの技術だった。 電源を切り忘れ、お客の髪を焼いてしまったのだ。

2

­-第10話-­【1942年 ロンドン】 シャンプーボーイ

ボーイ シャンプー

💖 シャンプー途中のお客を支えながら、ヴィダルは階段を上る。 たどり着くと、指は踊り始める。