該非 判定。 【輸出貿易管理令】該非判定とは?

該非判定の考え方(やり方)

判定 該非

🤗 該非判定の方法(メーカー兼輸出者) まずは商品の製造者の場合における手続きの流れです。

14

該非判定手続の基礎講座

判定 該非

🚀 (エ)(ウ)の結果、貨物等がリスト規制(1項~15項)に該当せず、16の項に該当する場合、(キャッチオール規制の確認対象貨物等であることを知らしめるため)その旨を明記する。 (4) 複数の項番で規制されていることがある 我が国の安全保障貿易管理制度は、複数の国際輸出管理レジームでの合意に基づいて実施されています。 5.「該非判定書」を作成。

9

リオン株式会社|該非判定文書の取得

判定 該非

☮ (チ) 同告示第一号6から8まで及び第二号7から9までに規定する「税関に申告の上別送する」貨物は、後送については出国した者が出国した日から原則として6月以内に輸出するものについて認めるものとし、前送については出国者の旅券等により必ず出国することが確認できる場合に限る。

該非判定手続の基礎講座

判定 該非

😂 つまり「 該非判定書」とは「 この製品は軍事利用への懸念がされないため、経済産業大臣の許可を得ずに輸出する事ができる製品です」ということを証明する書類ということになります。 例えば、アンケート形式で自ら設備名称等を記載した確認書を作成し、メーカーには判定結果のみ記載してもらうようにする等メーカーが応じ易くする工夫も必要です。

5

輸出における安全保障貿易管理の規制品目・内容に対する該非の確認方法:日本

判定 該非

⌛ エ 入手した該非判定書が最新の法令等に対応しているか確認すること 輸出予定時期を考慮した依頼を行うこと。

16

該非判定書(非該当証明書=Parameter Sheet)

判定 該非

♥ この制度は通称「キャッチオール規制」と呼ばれています。 該非判定のやり方 該非判定とは輸出しようとする貨物又は提供しようとする技術が輸出貿易管理令 以下輸出令 別表第1又は外国為替令 以下外為令 別表に掲げる貨物又は技術に該当するか否かを判定することである。 イ 省略 ロ アルミニウム、ニッケル又は60パーセント以上のニッケルを含有する合金を 用いて製造した圧縮機又は送風機であって、吐出し量が毎分1.7立方メー トル以上のもの ハ 省略 このように、解釈の中にのみ貨物が記載されている場合もありますので、解釈もよく確認しなければなりません。

リオン株式会社|該非判定文書の取得

判定 該非

🤚 パーソナル向けスキャナー(本体)• (5) 輸出令第4条第1項第二号のホ及びヘに規定する貨物は、輸出令第4条第1項第二号のホ及びヘの規定に基づく無償で輸出すべきものとして無償で輸入した貨物及び無償で輸入すべきものとして無償で輸出する貨物を定める告示に定められているが、その取扱いは、次による。 「輸出者」が「製造者」でない場合は、製造者に該非判定書の発行を依頼することが一般的です。 」) (中略) 11 7 から 10 までに掲げる貨物の・・・(以下省略)。

該非判定書とは

判定 該非

🌭 以下同じ。 3.判定する項番、判定日(最新の法令)、根拠資料をチェックします。 ただし、その貨物の性能や特性が当初より向上するような技術提供や、修理技術であってその内容が輸出をする貨物の設計、製造技術と同等のものは許可が必要となります。

【輸出貿易管理令】該非判定とは?

判定 該非

🤪 米国輸出管理規則の扱いについて 弊社商品は、輸出先国/地域が米国輸出管理規則で定める禁輸国および制裁対象国である、キューバ、イラン、朝鮮民主主義人民共和国、スーダン、シリア、ウクライナのクリミア地域以外の場合、同規則における米国政府の許可は不要です。 このリストをもって、該非判定書とさせていただきます。

10