無 一郎 夢 小説。 鬼滅の刃 短編集

距離感?そんなの関係ない。【時透無一郎】

一郎 小説 無 夢

⚓ さらに玉壺の拳は触れたものを魚に変える能力を持っていた。

1

推しが同居人になるとか聞いてない【鬼滅の刃】【時透無一郎】

一郎 小説 無 夢

🤛 ……お前は其処を動くな。 言葉だけでこんなにも掻き立てられる自分はどうかしている。 屋敷のみんなや無一郎のような被害者を増やさないためにも、この夜のうちに確実に倒したい。

夢小説 携帯ホームページ フォレスト

一郎 小説 無 夢

🐝 最低だ。

8

無 一郎 夢 小説

一郎 小説 無 夢

🤔 少し考えればわかるよね?刀鍛冶は戦えない。

1

夢小説 携帯ホームページ フォレスト

一郎 小説 無 夢

💕 しかし、鬼殺隊の長である産屋敷耀哉の言葉を炭治郎が遮ったときは、表情を変えて炭治郎を制した。 訳を聞くと近くで任務が終わり の様子を見に来たら寝ていたので一緒に寝たそうだ。 鬼殺隊に入る前の生活を、自分も無辜の人々の中の一人として生きていた日々を、愛していた。

7

推しが同居人になるとか聞いてない【鬼滅の刃】【時透無一郎】

一郎 小説 無 夢

📱 私に向けて放り投げられた日輪刀を受け取り鞘から引き抜く。 せめて日輪刀を持っていれば・・・。 わかって…いたんだ…。

7

推しが同居人になるとか聞いてない【鬼滅の刃】【時透無一郎】

一郎 小説 無 夢

🙏 朝露で濡れた葉を踏みしめながら傾斜のきつい山中を駆け回る。

【鬼滅の刃】私の継子【時透無一郎】

一郎 小説 無 夢

☢ そして『ソレ』は何よりも重要なことである。

8

【鬼滅の刃】私の継子【時透無一郎】

一郎 小説 無 夢

📱 「私はそれが知りたいのだ」 景寿郎は距離を詰め、抜身の日輪刀を無一郎へと振り下ろした。

5