四 神 相応。 四神と四神相応

龍が活躍する陰陽五行思想と四神相応

相応 四 神

⚛ 東に鴨川、西に山陰道、南に巨椋池と平野があります。

2

四神相応の地を巡る!『京都五社巡り』

相応 四 神

🤝 謂之玄武。

大御所の町・駿府城下町の誕生

相応 四 神

🎇 その地相に基づいて場所が決定され、 平安京遷都の準備が進められました。 左右の柱上部には四神(四方の守護神)の彫像が付けられています。 北が「玄武」(げんぶ)です。

4

四神相応

相応 四 神

☘ 今川時代の鬼門は、沓谷竜雲寺が当てられていた。 それぞれの神を特定の「地形」に置き換えたうで、その地形の条件を備えた場所こそが、理想だと考えているのです。 以上のように、仮に平安遷都の際に四神相応が唱えられたとしても、その内に山川道澤がイメージされていたか不明である限り、学者たちがその比定に躍起になること自体、不毛の論議と言える。

京都~五社巡り~

相応 四 神

⚠ 四神すべてを地名に比定するのは現在のところ昭和24年(1949年)発行の日本古典全書『平家物語』(朝日新聞)の頭注(冨倉徳次郎)に「宇多村の地勢の、東賀茂川、西大通、南鳥羽の田地、北比叡山のあるところから、四神相応の地と言った」とあるのが最も古く、現在の通説「山=船岡山・川=鴨川・道=山陰道・澤=巨椋池」は、1974年の矢野貫一『京都歴史案内』(講談社)に初めて現れる。

3

平安京は四神相応の都

相応 四 神

👋 になると『』嘉禄元年十月廿日丁未条によれば、朝廷から派遣されていた安倍国道以下七人陰陽師と、奈良興福寺の僧で法印であったとの間で御所の移転先をめぐって論争があったが、珍誉は『作庭記』にある山川道澤の四神相応を採用して『若宮大路』を四神相応の地として推している。 右に長道有り。

12