直木 三 十 五。 直木三十五について|直木賞のすべて

吉野朝太平記

十 直木 五 三

😘 それは、借金取の電話のかゝつてくる前になると、きつと、眼ざめるのである。 没後、の発意により大衆文学を対象とする文学賞「」が創設された。

直木三十五

十 直木 五 三

😊 ほかにも直木作品を原作とした映画は50本近くある。

16

直木三十五 死までを語る

十 直木 五 三

😍 真正面へぶっつかったのでよかった。 この親に、仕込まれたのだから、僕の痩我慢も、決して人後に落ちるものでは無い。 その当時の私は、二人に対して、得意であったが、いつも、この三人で、首席を争っていた事を思出すと、少し、感傷的になってくる。

13

直木三十五 死までを語る

十 直木 五 三

😄 出来てから、四年目で、校長は、坪井仙太郎と云った。

8

直木三十五について|直木賞のすべて

十 直木 五 三

👌 だが、もう、何うする事もできなくなつてゐた。 学友の間では、そうだし、教室へ出ると数学や、英語の時には、小さくなっているが、漢文や、歴史の時には、何んとか、かとかいうし、ある時なんどは、漢文の先生と対立して下らず、東惣平が 「植村、黙れ」 と、云って、立上った事さえあった。

16

吉野朝太平記

十 直木 五 三

💋 選考委員としては春秋社発行の第二巻を読んで感心した。 何んしろ、桓武天皇時代からの貧乏で、死ぬまで恐らくは、火の車だったり、水の車だったりであろうが、何の位貧乏し、何う大きくなって来たか、私の幼年時代から、話をして、死土産にしておこうと思う。 縮緬 ( ちりめん )、 七子 ( ななこ )、市楽、薩摩、御召、大島、結城位の区別で、その上に、何々御召と名のつき出したのは、ここ二十年位の事で、私は、父が 「こう、変った名ばっかりつけよったら、一々憶えられんがな」 と、ぶうぶう云っていたのが、今でも、眼の中にある。

15

直木三十五 貧乏一期、二期、三期 わが落魄の記

十 直木 五 三

♥ 同氏と、文藝春秋社と、三者にて使用し、月経費を三分しつゝあり、円タクよりあし。 その時に、相馬御風氏から一つの仕事が、田中純を通じて、持込まれた。

14