る ぅ ころ bl。 苺みたいな甘い日常【すとぷり】【BL短編集】

s/t/p/r BL

Bl る ぅ ころ

🌏 お仕置き!シテ?(照) る:あぁもう!わかりましたよ!かわいすぎて我慢無理です! 手加減しませんよ? こ:ん。

4

苺みたいな甘い日常【すとぷり】【BL短編集】

Bl る ぅ ころ

🚀 こ:んん…(ゴロt)るぅと君?もう起きたのぉ? る:(可愛)うん。 」さ「莉犬と同じくらい可愛い…」莉「ジェルくん、近づくなぁぁ! 「ひ、!?ま、もういったから、ぁっ!あ、ぐ…」 イったにも関わらず、僕を無視しながら激しくピストンされる 「ころちゃん奥好きですよね、ちゃんと突いてあげますよ、っ…」 「ひ、あ"ぁ、っ!むり、!むり、ぃっ"!」 今度は奥を責められ、中がバカになりそうだ もうすぐ絶頂が来るというところで、耳たぶをぱくっと口に含まれ、そのまま耳に舌をねじ込まれる 「ひ、あ〜〜!あ、ふ、!やめ、っあぁ"!」 後ろでたくさん快感を得たからか、いつもより耳が気持ちよくてどうにかなりそうだった 「っ、いきそうです、…」 「ぼくも、っ、!あ、ぅ、っ…~!!」 二人同時に果てた シーツには大量の精液が染みを作っていた * 朝起きると、シーツや体はべとべとしていない。

11

【るぅころ】こんなはずじゃなかったのにっ/////

Bl る ぅ ころ

🤑 るぅころ• 数分ほどして、ころん君はもう自力ではベットの上から逃げれないようになった。 る:(え?)何言ってるんですか! こ:だからぁ。 引くわけないじゃないですか」 うそ…ほんとに? 僕の顔をじっと見つめられ、無意識にそっぽを向いてしまう 「そ、なの…?嫌いじゃない…?」 そう言ってちらっとるぅとくんの方を見る 「そんなんで嫌いになるわけないじゃないですかバカですか…むしろ興奮したんですけど」 「るぅとく、んぅっ…」 言う途中でいきなりキスをされた キスが終わると、ぺろりと僕の耳を舐めてきた 「ひぁ、っ!ちょまっ、て、!そこよわい、っ〜!」 僕の言葉を無視し、耳の中に舌を入れられる 耳を舐める音が直接聞こえて耳が犯される感覚だ 「ひ、ぃぁ…!あ、ふ、ぅ…っ」 「ほんとに耳弱いんですね。

12

【るぅころ】こんなはずじゃなかったのにっ/////

Bl る ぅ ころ

♨ ころんも様子見みたいなかんじだし もうちょっとだけ見とこ」 ジェ「わかりました. 分かりにくかったら言ってくださいね~他の表現方法を考えます! こ「るぅと君、ほんとごめんって! ふっ、うあっ、んんっ、」 まだ10段階中の3なのにビクビクと反応するころん君。

苺味のお砂糖と。

Bl る ぅ ころ

😙 僕の前でだけだったのに。

6

るぅころBL短編集!

Bl る ぅ ころ

😍 ころん「やめて!!!」 僕はころちゃんの乳首を摘んだり優しく撫でたりする。 まぁ驚くよなぁ。 僕の前だと素直だしね……? 意味深 今は6人みんなですとぷり会議をしてたんだけどさぁ、会議が終わってわちゃわちゃ遊んでたの。

20

歌い手BL集(R18有り)

Bl る ぅ ころ

🤚 僕のるぅとくんがさとりーぬに すっごく絡まらてるんだよね〜 莉「るぅとくん!これ食べる?おいしいよ!」 る「美味しそう!1つちょうだい!」 莉「いいよ~!はい!あーん!」 る「え?あーんするの?」 莉「うん!はい!あーん!」 る「あ. 今度見せてもらおうかな」 「はぁ!??絶対やんな、ひ、っ!ふ、ぁぅ…」 三本の指を一気に入れられた 指を増やされても圧迫感はなく、すんなりと受け入れた 「ひ、ぁ…あ、あっ、!」 もうこれくらいで大丈夫だ、というところで指を引き抜かれ、その感覚にびくりと体を揺らす 「生でいいですよね」 「へ、ちょ、まって!」 そういうと両脚を持ち上げられ、るぅとくんのモノがぐっと中に入っていく 「あ、うぁっ…!あ、あ…」 るぅとくんのモノが全部はいると、ギリギリまで抜き、奥まで入れるを繰り返していく 浅い部分にある一点を重点的に責められ、気持ちよさで視界がチカチカしてくる 「アッ、ふぁっ!ひ、ぃっん!いく、っ!」 きゅ、っと中を締め付けながら僕は達した。

苺味のお砂糖と。

Bl る ぅ ころ

🤲 「わかったーばいばーい!」 「なーくん、ジェルくんありがとね ボソッ」 な「いいよいいよ程々にしとけよ?」 こ「わかってるよ黒笑」 なジェ るぅとくん. るぅころ• ! 見てるこっちもドキドキしました もう、見だしたら止まりません. ……さとみくん媚薬盛ったな。 ほら、気持ちいの?口に出してごらん?はやく……。

6