クラムボン 宮沢 賢治。 「やまなし」、イサドとは

宮沢賢治/やまなし クラムボンの正体

宮沢 賢治 クラムボン

❤ そんなら一緒に吐いて見やう。 しかし、魚が下流の方に行くとクラムボンは再び笑い始める。 ただ、先ほども少し触れましたが 解釈が非常に分かれる作品です。

12

やまなし/宮沢賢治=クラムボンは正体を明かしてはいけない…

宮沢 賢治 クラムボン

🙏 後の「crab+bomb説」とも合致する。

20

やまなし/宮沢賢治=クラムボンは正体を明かしてはいけない…

宮沢 賢治 クラムボン

💓 』 『クラムボンはかぷかぷわらったよ。 この時、 蛹は、たっぷりの空気を体に纏い、大きな泡のようにキラキラと光らせながら水面に向かう。 」 「ふうん。

4

「クラムボン」の正体、ついに明らかに 論争に終止符

宮沢 賢治 クラムボン

😛 これは、ひょっとすると、方言によるなのかもしれません。

クラムボンは何故かぷかぷわらったのか

宮沢 賢治 クラムボン

⚠ しかし、カワセミは魚を食べてしまい、カニの兄弟は恐れを抱きました。

17

やまなし教科書本文

宮沢 賢治 クラムボン

♻ そんなら一緒に吐いてみよう。 これこそ、彼の幸福観そのものではないでしょうか。

11

宮沢賢治/やまなし クラムボンの正体

宮沢 賢治 クラムボン

⚡ 同じ私でも、物語が素直に読めるはずだ。

11

嫉妬した「私」

宮沢 賢治 クラムボン

😃 では、「イサド」とは、「イドサ」のなのでしょうか、それとも「サイド」のなのでしょうか。